Youtubeで見るベトナム

Youtubeで見るベトナム 料理編

 

前回とはまた別のチャンネル


www.youtube.com


チャンネル名の”Ẩm Thực Mẹ Làm”とは【母の手料理】という意味で

カメラマンとして都会で働いている息子が

文字通り【母の手料理】している姿を撮影した動画チャンネル。

 

ベトナムの田舎の暮らしをそのままのぞいているような感覚で楽しめるし

料理しながら犬や猫と話しがちといったお母さんあるあるをちりばめてあるので、

おうち時間にボーっと流し見するのにいい空気感。

 

カリっと揚げた魚と香草たっぷりのスープに茹でた野菜という

普通の家庭料理を他愛ない会話しながら食べてるだけなのに

妙に琴線に触れるこの動画チャンネル。

気軽に国に帰ることもできない今の境遇に刺さってるのかも…

 

 

途中、日本語字幕の親子の会話が

日本昔話みたいななまりになっているのはご愛嬌

 

料理が出来たよと言われて息子が返した

Con xuống ngay đâyは「すぐ下りるよー」ぐらいの意味なんですが、

字幕が”おっかあ、待って”になってたのはさすがに攻めすぎだべと思います

 

 

今週のお題「おうち時間2021」

Youtubeで見るベトナム

Youtubeで見るベトナム 料理編

 

カニを使った麵料理


www.youtube.com

 

冒頭の田園風景がまず魅力的なこの動画

 

Bún riêu cua(ブン ジエウ クア)とは

ベトナムではフォーと並んでよく食べられている米粉麵のブンを

文字通りカニを丸ごと使ったスープで食べる人気料理。

 *Cuaとはベトナム語カニ の意味

 

完成形には豚肉やら色々のせてあまり細かい定義はないようで、

この出汁の取り方をすればBún riêu cuaなのだとか

カニの香りが強くてちょっと甘酸っぱく、暑い日でも箸が進みます。

 

題名の単語の意味はそれぞれ

Bún riêu cua đồng【カニ味噌出汁のブン(料理名)】

hương vị【風味】

quê nhà【故郷】

 

最後に出てくる団らん風景のような

田舎で家族と食べていた時の香りを思い出させる料理なのでしょう。

 

f:id:Girugosa:20210429194320j:plain

ベトナム北部では少し市内から離れると今も街道沿いは田園が広がる。

恐怖からの自由

ミャンマーの選挙の感想をのほほんと書いていたときには

思いもよらないことが起きてしまったなという感覚

 

国軍にしてみれば、

自分たちの政党が野党第一党になるどころか

各地で少数民族代表の議員にすら負けていたから

危機感は相当膨らんだのだろう。

 

f:id:Girugosa:20210205193421j:plain

現地の人たちでFacebookにまだアクセスできている人は

このようなメッセージを発信している。

過去市民に度々発砲してきた国軍に対抗するには

恐怖心が一番の敵だよな…

言うは易く行うは難しですが…

 

f:id:Girugosa:20210205193432j:plain

選挙の時に話題になっていたアート

 *指にインクを塗って投票したかを管理していた

 

国軍側が考えている公正な選挙とはどんなものかな。

横に軍人さんが銃構えている中で投票用紙に記入することが

透明性ある選挙だとか本気で考えてそうだな。

ミャンマー選挙2020

たまの時事的な話題

 

先週末の11月8日にミャンマーの総選挙が行われてました。

争点はアウンサンスーチー女史率いる与党NLDが過半数を維持できるかどうか

 

自分の友人にはビルマ族が多く基本的にはNLD支持者が多いので

野党の動きが少し見えづらかった今回の選挙。

  *というよりも積極的に発信するような友人のほとんどが

  NLD支持者といった方が正確かもしれませんが。

  もちろん政治的な発言をしてない友人も多くいますし。

 

逆に日本の報道の方が民族融和に課題が残るといった論点から

NLDは議席を失うんじゃないかという話も出てましたね。

 

今日時点までの報道をみると

NLDはむしろ議席を伸ばしたようで改めて支持率の高さが浮き彫りになった形

f:id:Girugosa:20201111163235j:plain

各地でこんな集会が開かれていたようですし、まあ当然といえば当然か

 


あまり知られていないミャンマー選挙制度

端的に言えば、軍人の議席枠がまず4分の1あり、

残りの4分の3を国民の投票で選ぶという方式を取っています。

つまり議会の過半数を取るには投票で選ばれる分の67%を

獲得しなければならずかなりハードルは高くなっています。

数字でいうと下院(定数425)の315議席と上院(定数217)の161議席

今回の改選の対象議席

 

しかもこの”軍人枠”は憲法によって定められており、

その憲法を改正するには4分の3以上の議員の賛成が必要とされてます。

もちろん選挙で選ぶ議員の中には軍人系の政党から選ばれている議員もいるので、

実質憲法改正は不可能ということになります。

 

そんな制度の中、もう後5年NLD主導で民政を続けるていくことに決めたミャンマー

未だ決着していない少数民族との対立など外から見ると課題だらけな気もしますが

欧米からの経済制裁でクレジットカードすら満足に使えなかったころから考えると

着実に変化をしていると感じます。

 

f:id:Girugosa:20201110132343j:plain

f:id:Girugosa:20201110132912j:plain

このオバマ大統領の訪問からもう8年か。。。

 *写真は当時のミャンマータイムス紙面

過去旅振り返り

ベトナム/フオン寺

 

帰りは暗すぎてほぼ写真撮っていないので略

 

f:id:Girugosa:20201109230814j:plain

ガレージのようなホテルに帰着

 

f:id:Girugosa:20201109231110j:plain

夕飯付き。一人前の量…

 

f:id:Girugosa:20201109232712j:plain

ホテルの前の道で佇み思い返す

 

f:id:Girugosa:20201109231347j:plain

長い一日だった。

過去旅振り返り

ベトナム/フオン寺

 

f:id:Girugosa:20201106181051j:plain

闇に浮かぶお堂

 

f:id:Girugosa:20201106181114j:plain

肉眼だともう少しましだったものの

暗闇の中参拝するなんて経験はするもんじゃないなと

 

f:id:Girugosa:20201106182416j:plain

この岩をたたくと鐘のような音色が響くんだと

弾ける笑顔で説明してくれた住職

過去旅振り返り

ベトナム/フオン寺

 

f:id:Girugosa:20201104230416j:plain

桟橋に到着した時点で既に闇夜

 

f:id:Girugosa:20201104230512j:plain

線香を買います。

 

開けてる店があるってことは夜来る人もいるのか、

それとも自分たちのために連絡してくれていたのかもしれません。

意外と律義な船頭さんです。